業務用蓄電池があるだけで

町内会のイベント用に業務用蓄電池を購入

今度町内会でやるお祭りのために、業務用蓄電池を購入することになった。

今までそこまで大きなことはやってこなかったんだけど、これから町を盛り上げていこうということで、役員で話し合った業務用蓄電池の購入することになりました。

それにあたってわたしがお祭りの材料調達係りになったので、早速業務用蓄電池をインターネットで探すことになりました。

ネットショッピングはよくやってるけれど、業務用蓄電池とか購入したことないから、一体全体どれを買ったらいいのか全然わからなかったけれど、そっち方面に詳しい友だちの知恵も借りつつなんとか購入するものを絞りました。

一応町内経費で落とされるから一応上に通さなければいけないので、いくらくらいかかるとかどんな目的で使うのかとかそういうのをまとめた資料とともに申請しないといけないのです。

でも思ったより高くなくて予算内で済みそうだし、これからイベントごとに使っていけると思うと楽しみだなあ。

震災の直前に購入した業務用蓄電池

気が付けばもう夕方。

最近一日が過ぎるのがあっという間だなあとすごく思う。

学生時代も時間が過ぎるのが早いなあとはよく思っていたけれど、でも社会人になってからさらに早くなったように感じる。

朝がきたと思ったらすぐに外は暗くなって、夜の街にはネオンが輝いている。

でもそんな輝きも、都会の人たちの残業が作りあげているのよね。

遠くからみてるときれいだけれど、実際はきれいなものじゃないんだものね。

なんだか複雑だわ。

震災の直後は節電節電で会社の明かりも落としていたし、あのときはイルミネーションも全然きれいじゃなかったけね。

でもあのとき、うちの会社は業務用蓄電池を買っていたおかげで電気が足りないって困ることはなかったの。

業務用蓄電池を利用する

震災を想定していたわけではもちろんないけれど、その直前にちょうどわたしがインターネットで業務用蓄電池を見ていて、「もしものときのために買っておきますか」なんて軽い気持ちで提案して購入したの。

あのときは、上司にすごく褒められたんだよ。